作業員

廃棄物処理ならマシンがあれば簡単にできる|高性能が便利

迅速正確に選別できる

ウーマン

建物の解体作業を行なう場合、問題となるのがガレキ選別です。パワーショベルで建物を取り壊した後は、たくさんのガレキを素材ごとに選別しなければなりません。解体した破片などの産業廃棄物は、専門の処理会社が回収してくれますが、選別をしていない混合土を提出した場合高額な費用を請求されます。産業廃棄物処理を行なう会社は、廃棄物を無害な状態にするため焼却処理やリサイクルを行ないます。廃棄物が選別されていない状態ではリサイクルなども行なえないので、会社の作業員が選別することになります。機器の使用や人件費が処理会社の負担となるので、請求される処理費用も高くなってしまうのです。ガレキ選別をするならば、トロンメルとスクリーンの二つの機器が不可欠です。工事現場で使用することで、細かく混ざった混合廃棄物も綺麗に選別できるでしょう。

ガレキ選別に活用できるトロンメルは、大型のガレキを選別するための機器です。パワーショベルで解体した場合、大きなセメントの塊なども多く現れます。大型のガレキはスクリーンに掛けることはできないので、あらかじめトロンメルで一定の大きさのガレキを取り除く必要があります。ショベルでガレキをすくい取り、そのままトロンメルに入れることができるので、簡単にガレキ選別を行なうことができるでしょう。トロンメルの使用後は、スクリーンによって細かく選別することができます。セメント片とガラス片、木材チップなど素材ごとに選別させられるので、廃棄物処理を依頼した場合にも安い費用で済ませられます。スクリーンは三方向からそれぞれ選別した廃棄物を排出するので、短時間で正確にガレキ選別を終えることができます。